2020年代のカントリー・アルバム賞

受賞作とノミネート

受賞 ノミネート
2021 2021年3月15日(月)の昼間発表
  • ワイルドカード
    (Wildcard)
    ミランダ・ランバート
    (Miranda Lambert)
     動画→
  • ネバー・ウィル
    (Never Will)
    アシュリー・マクブライド
    (Ashley McBryde)
     動画→
  • ユア・ライフ・イズ・ア・レコード
    (Your Life is a Record)
    ブランディ・クラーク
    (Brandy Clark)
     動画→
  • イングリッド・アンドレス
    「Lady Like」

     動画→
  • リトル・ビッグ・タウン
    「Nightfall」

     動画→
2020 タニヤ・タッカー

「While I'm Livin'」


 試聴(Amazon)→

2010年代のカントリー・アルバム賞

受賞作とノミネート

受賞 ノミネート
2019 ケイシー・マスグレイヴス
(Kacey Musgraves)

「Golden Hour」
(ゴールデン・アワー)


 試聴(Amazon)→
2018 クリス・ステープルトン
(Chris Stapleton)

「フロム・ア・ルーム:ボリューム1」
(From A Room: Volume 1)


 試聴(Amazon)→
  • ケニー・チェズニー
    「Cosmic Hallelujah」
  • レディ・アンテベラム
    「Heart Break」
  • リトル・ビッグ・タウン
    「The Breaker」
  • トーマス・レット
    「Life Changes」
2017 スターギル・シンプソン
(Sturgill Simpson)

「ア・セイラーズ・ガイド・トゥ・アース」
(A Sailor's Guide to Earth)


 試聴(Amazon)→
  • ブランディー・クラーク
    「Big Day in a Small Town」
  • ロレッタ・リン
    「Full Circle」
  • マレン・モリス
    「Hero」
  • キース・アーバン
    「Ripcord」
2016 クリス・ステープルトン
(Chris Stapleton)

「トラベラー」
(Traveller)


 
  • サム・ハント
    「Montevallo」
  • リトル・ビッグ・タウン
    「Pain Killer」
  • アシュリー・モンロー
    「The Blade」
  • ケイシー・マスグレイヴス
    「Pageant Material」
2015 ミランダ・ランバート
(Miranda Lambert)

「プラチナ」
(Platinum)


 試聴(Amazon)→
  • ディエクス・ベントレー
    「Riser」
  • エリック・チャーチ
    「The Outsiders」
  • ブランディー・クラーク
    「12 Stories」
  • リー・アン・ウーマック
    「The Way I'm Livin'」
2014 Kacey Musgraves
(ケイシー・マスグレイヴス)

「セイム・トレイラー・ディファレント・パーク」
(Same Trailer Different Park)


 試聴(Amazon)→
  • ジェイソン・アルディーン
    「Night Train」
  • ティム・マグロウ
    「Two Lanes of Freedom」
  • ブレイク・シェルトン
    「Based on a True Story...」
  • テイラー・スウィフト
    「Red」
2013 ザック・ブラウン・バンド
(Zac Brown Band)

「アンケージ」
(Uncaged)


 
  • ハンター・ヘイズ
    「Hunter Hayes」
  • ジェイミー・ジョンソン
    「Living for a Song: A Tribute to Hank Cochran」
  • ミランダ・ランバート
    「Four the Record」
  • タイムジャンパーズ
    「The Time Jumpers」
2012 レディ・アンテベラム
(Lady Antebellum)

「オウン・ザ・ナイト」
(Own the Night)


 試聴(Amazon)→
  • ジェイソン・アルディーン
    「My Kinda Party」
  • エリック・チャーチ
    「Chief」
  • ブレイク・シェルトン
    「Red River Blue」
  • ジョージ・ストレイト
    「Here for a Good Time」
  • テイラー・スウィフト
    「Speak Now」
2011 レディ・アンテベラム
(Lady Antebellum)

「ニード・ユー・ナウ ~いま君を愛してる」
(Need You Now)


 試聴(Amazon)→
  • ディエクス・ベントレー
    「Up on the Ridge」
  • ザック・ブラウン・バンド
    「You Get What You Give」
  • ジェイミー・ジョンソン
    「The Guitar Song」
  • ミランダ・ランバート
    「Revolution」
2010 テイラー・スウィフト
(Taylor Swift)

「フィアレス」
(Fearless)


 試聴(Amazon)→

16歳で出したデビュー作が米国で大ヒットしたシンガー・ソングライターの第2作。アイドルのようなルックスに注目が集まるが、早くから曲作りに取り組み、13歳で音楽出版社と契約を結んだ実力派。初恋の苦い思い出を描いた「フィフティーン」など、実体験をもとにした詞の世界を甘さを含んだ声で歌う。
  • ザック・ブラウン・バンド
    「The Foundation」
  • ジョージ・ストレイト
    「Twang」
  • キース・アーバン
    「Defying Gravity」
  • リー・アン・ウーマック
    「Call Me Crazy」

グラミー賞

年別

主要4部門

ロック部門

ポップ部門

ラップ部門

R&B部門

ジャズ部門

テクノ、EDM部門

レゲエ部門

カントリー部門

クラシック部門

民族音楽部門

オルタナ部門

ゴルペル部門

映像部門

技術部門

年代別の主要4部門

歴代の日本人受賞者

他のアワード