受賞結果の一覧

主要4部門ポップR&B(ソウル)ロックメタルラップカントリージャズテクノ/ダンスクラシックレゲエ癒し系音楽ゴスペルオルタナ民族音楽ラテン音楽ビデオ賞映画音楽

主要4部門

レコード賞楽曲賞アルバム賞新人賞

部門 受賞 ノミネート
レコード賞 シルク・ソニック
(Silk Sonic)

「リーブ・ザ・ドア・オープン」
(Leave the Door Open)

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→

 動画(和訳)→

 動画(ライブ)→

 配信(Amazon)→

甘くて爽やかなソウル調の歌。1970年代に流行した都会的なフィラデルフィア・ソウルのサウンドが、郷愁を誘います。

「君のためにドアを開けたままにしておくよ」というメッセージ。それはロマンチックな口説き文句であると同時に、コロナ禍で閉塞感を抱える人たちの心を解きほぐす開放的な曲として共感を得ました。

シルク・ソニックは、グラミー賞常連のブルーノ・マーズ(36歳)と、歌手兼ラッパーのアンダーソン・パーク(36歳)の2人によるR&Bユニット。本作が第一弾のリリースとなりました。

2人は、ブルーノの2017年の欧州ツアーでパークが前座を務めたことをきっかけに意気投合。ツアーの合間に一緒に音楽をつくるようになりました。

アンダーソン・パークはラップ部門やR&B部門で過去3個のグラミー賞を獲得するなど、優れた音楽家として知られていましたが、天才的プロデューサーでもあるブルーノがさらに力を引き出しました。

今回のグラミーでシルク・ソニックはレコード賞、楽曲賞の主要2冠に加えて、R&B歌唱賞、R&B楽曲賞も獲得。計4冠に輝きました。

ブルーノ・マーズは2010年代のグラミー賞において、アデルとともに最強の受賞歴を誇った王者。今回も大衆音楽の黄金期だった1970年代を想起させるノスタルジックな曲でベテランのグラミー会員の心をつかみました。

ブルーノ・マーズのレコード賞受賞は3度目。2016年に「アップタウン・ファンク」、2018年に「24Kマジック」で受賞しています。3回の受賞は、サイモン&ガーファンクルのポール・サイモン(「ミセス・ロビンソン」「明日に架ける橋」「グレイスランド」)に続き史上2人目です。

なお、シルク・ソニックの第一弾アルバムは2022年11月発売だったため、今回のグラミーの期限に間に合いませんでした。
  • オリビア・ロドリゴ
    (Olivia Rodrigo)
    「ドライバーズ・ライセンス」
    (Drivers License)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     動画(和訳)→
     配信(Amazon)→

  • ビリー・アイリッシュ
    (Billie Eilish)
    「ハピアー・ザン・エバー」
    (Happier Than Ever)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     動画(和訳)→
     配信(Amazon)→

  • リル・ナズ・X
    (Lil Nas X)
    「モンテロ(コール・ミー・バイ・ユア・ネーム)」
    (Montero - Call Me By Your Name)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

  • レディー・ガガ&トニー・ベネット
    (Lady Gaga and Tony Bennett)
    「アイ・ゲット・ア・キック・アウト・オブ・ユー」
    (I Get a Kick Out of You)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

  • ドージャ・キャット ft シザ
    (Doja Cat ft SZA)
    「キス・ミー・モア」
    (Kiss Me More)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

  • ジャスティン・ビーバー ft ダニエル・シーザー&ギヴィオン
    (Justin Bieber ft Daniel Caesar, Giveon)
    「ピーチズ」
    (Peaches)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

  • ブランディ・カーライル
    (Brandi Carlile)
    「ライト・オン・タイム」
    (Right On Time)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

  • アバ
    (Abba)
    「アイ・スティル・ハブ・フェイス・イン・ユー」
    (I Still Have Faith in You)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

  • ジョン・バティステ
    (Jon Batiste)
    「フリーダム」
    (Freedom)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

歴代のレコード賞→

主要4部門の一覧の先頭に戻る↑
楽曲賞

※作曲・作詞者が対象
シルク・ソニック
(Silk Sonic)

「リーブ・ザ・ドア・オープン」
(Leave the Door Open)

(作曲・作詞:ブルーノ・マーズ&アンダーソン・パーク&Dマイル&ブロディ・ブラウン)

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→

 動画(和訳)→

 配信(Amazon)→

<受賞スピーチ>

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート

  • オリビア・ロドリゴ
    (Olivia Rodrigo)
    「ドライバーズ・ライセンス」
    (Drivers License)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     動画(和訳)→
     配信(Amazon)→

  • ビリー・アイリッシュ
    (Billie Eilish)
    「ハピアー・ザン・エバー」
    (Happier Than Ever)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     動画(和訳)→
     配信(Amazon)→

  • ブランディ・カーライル
    (Brandi Carlile)
    「ライト・オン・タイム」
    (Right On Time)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

  • ジャスティン・ビーバー ft ダニエル・シーザー&ギヴィオン
    (Justin Bieber ft Daniel Caesar, Giveon)
    「ピーチズ」
    (Peaches)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

  • リル・ナズ・X
    (Lil Nas X)
    「モンテロ(コール・ミー・バイ・ユア・ネーム)」
    (Montero - Call Me By Your Name)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

  • ハー
    (H.E.R.)
    「ファイト・フォー・ユー」
    (Fight For You)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

  • エド・シーラン
    (Ed Sheeran)
    「バッド・ハビッツ」
    (Bad Habits)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

  • アリシア・キーズ&ブランディ・カーライル
    (Alicia Keys, Brandi Carlile)
    「ビューティフル・ノイズ」
    (A Beautiful Noise)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

  • ドージャ・キャット ft シザ
    (Doja Cat ft SZA)
    「キス・ミー・モア」
    (Kiss Me More)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

歴代の楽曲賞→

主要4部門の一覧の先頭に戻る↑
アルバム賞 ジョン・バティステ
(Jon Batiste)

「ウィ・アー」
(We Are)
 動画→

 配信(Amazon)→

ジョン・バティステは、ジャズ、R&Bなどを幅広く手がける異才の音楽家。歌手(シンガー・ソングライター)でありピアニストです。35歳。

米南部ニューオーリンズ地区出身。黒人の音楽一家に生まれ、幼少期から才能を発揮。学生時代からピアノ演奏のアルバムを出していました。

ニューヨークの名門「ジュリアード音楽院」の仲間とともに結成したバンドが、地上波テレビのコメディ番組のレギュラーバンドとして抜擢され、お茶の間でも有名になりました。

米ピクサー映画「ソウルフル・ワールド」の音楽を担当し、アカデミー賞(2021年)で作曲賞を受賞。

今回グラミー賞では最多となる11個のノミネートを獲得し、音楽業界を驚かせました。アルバム賞を獲得した『We Are』は8枚目のスタジオアルバムです。

<受賞スピーチ>

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


歴代のアルバム賞→

主要4部門の一覧の先頭に戻る↑
新人賞 オリビア・ロドリゴ
(Olivia Rodrigo)

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→

 動画(和訳)→

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→

19歳の自作歌手(シンガー・ソングライター)。カリフォルニア州出身。

16歳でディズニーの配信ドラマ「ハイスクール・ミュージカル」に俳優として出演。「ドライバーズ・ライセンス」で歌手デビューしました。

ドライバーズ・ライセンスは、運転免許をとり、さっそく住宅街をドライブをしている少女の話。「共鳴できる歌」として世界中で愛されました。

米ビルボードで初登場1位を獲得。8週連続トップを維持しました。デビューシングルとして史上最長の連続1位の記録となりました。

デビューアルバムアルバム『サワー(Sour)』も大ヒット。音楽評論家たちは「Z世代が生んだ傑作」として称賛。とりわけ率直で勇敢な歌いっぷりが支持を集めました。

ロドリゴは主要4部門全てでノミネートされました。大方の事前予想では、レコード賞と楽曲賞で最有力と見られていましたが、ブルーノ・マーズ率いるシルク・ソニックに敗れました。

一方、ポップ部門で「ポップ・ソロ賞」と「ポップ歌唱アルバム賞」を受賞。3冠となりました。

<受賞スピーチ>

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート



  • ザ・キッド・ラロイ
    (The Kid LAROI)
     動画→

  • スウィーティー
    (Saweetie)
     動画→

  • フィニアス
    (Finneas)
     動画→
    ※ビリー・アイリッシュの兄であり、プロデューサー

  • ジャパニーズ・ブレックファスト
    (Japanese Breakfast)
     動画→
    ※韓国系アメリカ人の音楽家ミシェル・ザウナーによるインディ・ロックバンド

  • アルージ・アフタブ
    (Arooj Aftab)
     動画→
    ※パキスタン出身の女性歌手

  • アーロ・パークス
    (Arlo Parks)
     動画→

  • ジミー・アレン
    (Jimmie Allen)
     動画→
    ※黒人カントリー歌手

  • ベイビー・キーム
    (Baby Keem)
     動画→
    ※ケンドリック・ラマ―の従兄弟ラッパー

  • グラス・アニマルズ
    (Glass Animals)
     動画→

歴代の新人賞→

主要4部門の一覧の先頭に戻る↑

年別

主要4部門

ポップ部門

R&B部門

ロック部門

メタル部門

ラップ部門

カントリー部門

ジャズ部門

テクノ、EDM部門

レゲエ部門

民族音楽部門

オルタナ部門

ゴルペル部門

クラシック部門

映像部門

技術部門

年代別の主要4部門

歴代の日本人受賞者

他のアワード

音楽業界の歴史

ポップ部門

ポップ・グループ賞ポップ・ソロ賞ポップ・アルバム賞

部門 受賞 ノミネート
ポップ・グループ賞


※シングルが対象
ドージャ・キャット ft シザ
(Doja Cat ft SZA)

「キス・ミー・モア」
(Kiss Me More)

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→

 配信(Amazon)→

<受賞スピーチ>

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート

  • BTS
    「バター」
    (Butter)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     動画(ダンス)→
     配信(Amazon)→

  • レディー・ガガ&トニー・ベネット
    (Lady Gaga and Tony Bennett)
    「アイ・ゲット・ア・キック・アウト・オブ・ユー」
    (I Get a Kick Out of You)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

  • コールドプレイ
    (Coldplay)
    「ハイヤー・パワー」
    (Higher Power)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

  • ジャスティン・ビーバー&ベニー・ブランコ
    (Justin Bieber & Benny Blanco)
    「ロンリー」
    (Lonely)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

歴代のポップ・グループ賞→

ポップ部門の一覧の先頭に戻る↑
ポップ・ソロ賞

※シングルが対象
オリビア・ロドリゴ
(Olivia Rodrigo)

「ドライバーズ・ライセンス」
(Drivers License)

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→

 動画(和訳)→

 配信(Amazon)→
  • ジャスティン・ビーバー
    (Justin Bieber)
    「エニーワン」
    (Anyone)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • アリアナ・グランデ
    (Ariana Grande)
    「ポジションズ」
    (Positions)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

  • ビリー・アイリッシュ
    (Billie Eilish)
    「ハピアー・ザン・エバー」
    (Happier Than Ever)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     動画(和訳)→
     配信(Amazon)→

  • ブランディ・カーライル
    (Brandi Carlile)
    「ライト・オン・タイム」
    (Right On Time)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

歴代のポップ・ソロ賞→

ポップ部門の一覧の先頭に戻る↑
ポップ・アルバム賞 オリビア・ロドリゴ
(Olivia Rodrigo)

「サワー」
(Sour)
 動画→

 配信(Amazon)→

歴代のポップ・アルバム賞→

ポップ部門の一覧の先頭に戻る↑

R&B(ソウル)部門

R&B歌唱賞R&B楽曲賞伝統的R&B歌唱賞R&Bアルバム賞

部門 受賞 ノミネート
R&B歌唱賞

※シングルが対象
【同点(タイ)で2組受賞】

シルク・ソニック
(Silk Sonic)

「リーブ・ザ・ドア・オープン」
(Leave the Door Open)

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→

 動画(和訳)→

 配信(Amazon)→


ジャズミン・サリバン
(Jazmine Sullivan)

「ピック・アップ・ユア・フィーリングス」
(Pick Up Your Feelings)

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→
  • ハー
    (H.E.R.)
    「ダメージ」
    (Damage)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

  • ジャスティン・ビーバー ft ダニエル・シーザー&ギヴィオン
    (Justin Bieber ft Daniel Caesar, Giveon)
    「ピーチズ」
    (Peaches)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

  • スノー・アレグラ
    (Snoh Aalegra)
    「ロスト・ユー」
    (Lost You)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
    ※スウェーデン人の歌手


 R&B部門の一覧の先頭に戻る↑
R&B楽曲賞

※シングルが対象
シルク・ソニック
(Silk Sonic)

「リーブ・ザ・ドア・オープン」
(Leave the Door Open)

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→

 動画(和訳)→

 配信(Amazon)→
  • ギヴィオン
    (Giveon)
    「ハートブレイク・アニバーサリー」
    (Heartbreak Anniversary)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

  • ジャズミン・サリバン
    (Jazmine Sullivan)
    「ピック・アップ・ユア・フィーリングス」
    (Pick Up Your Feelings)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • ハー
    (H.E.R.)
    「ダメージ」
    (Damage)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

  • シザ―
    (SZA)
    「グッド・デイズ」
    (Good Days)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     動画(歌詞)→
     配信(Amazon)→

歴代のR&Bソング賞→

 R&B部門の一覧の先頭に戻る↑
伝統的R&B歌唱賞

※シングルが対象
ハー
(H.E.R.)

「ファイト・フォー・ユー」
(Fight For You)

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→

 配信(Amazon)→
  • ジョン・バティステ
    (Jon Batiste)
    「アイ・ニード・ユー」
    (I Need You)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • BJ・ザ・シカゴ・キッド、PJモートン&ケニヨン・ディクソン ft チャーリー・ビリアル
    (BJ The Chicago Kid, PJ Morton and Kenyon Dixon ft Charlie Bereal)
    「ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー」
    (Bring it on Home to Me)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • リオン・ブリッジズ ft ロバート・グラスパー
    (Leon Bridges ft Robert Glasper)
    「ボーン・アゲイン」
    (Born Again)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • ラッキー・デイ ft イエバ
    (Lucky Daye ft Yebba)
    「ハウ・マッチ・キャン・ア・ハート・テイク?」
    (How Much Can a Heart Take)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

 R&B部門の一覧の先頭に戻る↑
R&Bアルバム賞 ジャズミン・サリバン
(Jazmine Sullivan)

「ホー・テールズ」
(Heaux Tales)
 動画→
  • ジョン・バティステ
    (Jon Batiste)
    「ウィ・アー」
    (We Are)
     動画→

  • スノー・アレグラ
    (Snoh Aalegra)
    「テンポラリー・ハイズ・イン・ザ・バイオレット・スカイズ」
    (Temporary Highs in the Violet Skies)
     動画→
    ※スウェーデン人の歌手

  • ハー
    (H.E.R.)
    「バック・オブ・マイ・マインド」
    (Back of My Mind)
     動画→
     配信(Amazon)→

  • リオン・ブリッジズ
    (Leon Bridges)
    「ゴールド・ディガーズ・サウンド」
    (Gold-Diggers Sound)
     動画→

歴代のR&Bアルバム賞→

 R&B部門の一覧の先頭に戻る↑

ロック部門

ロック演奏・歌唱賞(パフォーマンス賞)ロック楽曲賞ロックアルバム賞メタル演奏・歌唱賞

部門 受賞 ノミネート
ロック演奏・歌唱賞

※シングルが対象
フー・ファイターズ
(Foo Fighters)

「メイキング・ア・ファイア」
(Making a Fire)

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→
  • AC/DC
    (エイシー・ディーシー)
    「ショット・イン・ザ・ダーク」
    (Shot in the Dark)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • クリス・コーネル
    (Chris Cornell)
    「ナッシング・コンペアーズ・トゥー・ユー」
    (Nothing Compares 2 U)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • デフトーンズ
    (Deftones)
    「オームズ」
    (Ohms)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • ブラック・ピューマズ
    (Black Pumas)
    「ノウ・ユー・ベター(ライブ盤)」
    (Know You Better~Live From Capitol Studio A)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

歴代のロック演奏・歌唱賞→

ロック部門の一覧の先頭に戻る↑
ロック楽曲賞 フー・ファイターズ
(Foo Fighters)

「ウェイティング・オン・ア・ウォー」
(Waiting on a War)

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→
  • ポール・マッカートニー
    (Paul McCartney)
    「ファインド・マイ・ウェイ」
    (Find My Way)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • マンモス WVH
    (Mammoth Wvh)
    「ディスタンス」
    (Distance)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
    ※エディ・ヴァン・ヘイレンの息子ウルフギャング・ヴァン・ヘイレンのソロ作品

  • キングス・オブ・レオン
    (Kings of Leon)
    「バンディット」
    (The Bandit)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • ウィーザー
    (Weezer)
    「オール・マイ・フェイバリット・ソングス」
    (All My Favorite Songs)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

歴代のロック楽曲賞→

ロック部門の一覧の先頭に戻る↑
ロック・アルバム賞 フー・ファイターズ
(Foo Fighters)

「メディスン・アット・ミッドナイト」
(Medicine at Midnight)
 動画→

 配信(Amazon)→
  • AC/DC
    (エイシー・ディーシー)
    「パワー・アップ」
    (Power Up)
     動画→

  • ポール・マッカートニー
    (Paul McCartney)
    「マッカートニーIII」
    (McCartney III)
     動画→

  • クリス・コーネル
    (Chris Cornell)
    「ノー・ワン・シングス・ライク・ユー・エニモア」
    (No One Sings Like You Anymore Vol. 1)
     動画→

  • ブラック・ピューマズ
    (Black Pumas)
    「ノウ・ユー・ベター(ライブ盤)」
    (Capitol Cuts - Live From Studio A)
     動画→

歴代のロック・アルバム賞→

ロック部門の一覧の先頭に戻る↑
メタル演奏・歌唱賞 ドリーム・シアター
(Dream Theater)

「ジ・エイリアン」
(The Alien)

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→
  • ゴジラ
    (Gojira)
    「アマゾニア」
    (Amazonia)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
    ※1996年に結成されたフランスのメタルバンド

  • デフトーンズ
    (Deftones)
    「ジェネシス」
    (Genesis)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • ロブ・ゾンビ
    (Rob Zombie)
    「トリウンフ・オブ・キング・フリーク」
    (The Triumph of King Freak (A Crypt of Preservation and Superstition)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • マストドン
    (Mastodon)
    「プッシング・ザ・タイド」
    (Pushing the Tides)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

歴代のメタル・パフォーマンス賞→

ロック部門の一覧の先頭に戻る↑

ラップ(ヒップホップ)部門

ラップ・パフォーマンス賞ラップ楽曲賞メロディラップ賞ラップ・アルバム賞

部門 受賞 ノミネート
ラップ・パフォーマンス賞 ベイビー・キーム ft ケンドリック・ラマー
(Baby Keem ft Kendrick Lamar)

「ファミリー・タイズ」
(Family Ties)

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→
  • カーディB
    (Cardi B)
    「アップ」
    (Up)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • ドレイク ft フューチャー&ヤング・サグ
    (Drake ft Future & Young Thug)
    「ウェイ・トゥー・セクシー」
    (Way 2 Sexy)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • ミーガン・ジー・スタリオン
    (Megan Thee Stallion)
    「ソット・シット」
    (Thot Shit)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • Jコール ft 21サベージ & モーレイ
    (J.Cole ft 21 Savage and Morray)
    「マイ・ライフ」
    (My Life)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→


 ラップ部門の一覧の先頭に戻る↑
ラップ楽曲賞 カニエ・ウェスト ft ジェイZ
(Kanye West ft Jay-Z)
「ジェイル」
(Jail)

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→
  • スウィーティー ft ドージャ・キャット
    (Saweetie ft Doja Cat)
    「ベスト・フレンド」
    (Best Friend)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • ベイビー・キーム ft ケンドリック・ラマー
    (Baby Keem ft Kendrick Lamar)
    「ファミリー・タイズ」
    (Family Ties)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • Jコール ft 21サベージ & モーレイ
    (J.Cole ft 21 Savage and Morray)
    「マイ・ライフ」
    (My Life)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • DMX ft ジェイZ&ナズ
    (DMX ft Jay-Z and Nas)
    「バス・ソルト」
    (Bath Salts)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

歴代のラップ楽曲賞→

 ラップ部門の一覧の先頭に戻る↑
メロディラップ賞

(旧:ラップと歌のコラボ賞)

※シングルが対象
カニエ・ウェスト ft ウィークエンド&リル・ベイビー
(Kanye West ft The Weeknd and Lil Baby)

「ハリケーン」
(Hurricane)

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→
  • リル・ナズ・X ft ジャック・ハーロウ
    (Lil Nas X featuring Jack Harlow)
    「インダストリー・ベイビー」
    (Industry Baby)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • ドージャ・キャット
    (Doja Cat)
    「ニード・トゥ・ノウ」
    (Need to Know)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • Jコール ft リル・ベイビー
    (J.Cole ft Lil Baby)
    「プライド・イズ・ザ・デビル」
    (Pride Is the Devil)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • タイラー・ザ・クリエイター ft ヤングボーイ・ネバー・ブローク・アゲイン&タイ・ダラー・サイン
    (Tyler The Creator ft Youngboy Never Broke Again & Ty Dolla $ign)
    「ウッシャネーム」
    (Wusyaname)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→


 ラップ部門の一覧の先頭に戻る↑
ラップ・アルバム賞 タイラー・ザ・クリエイター
(Tyler, the Creator)

「コール・ミー・イフ・ユー・ゲット・ロスト」
(Call Me If You Get Lost)
 動画→
  • カニエ・ウェスト
    (Kanye West)
    「ドンダ」
    (Donda)
     動画→
     配信(Amazon)→

  • ナズ
    (Nas)
    「キング・ディジーズII」
    (King's Disease II)
     動画→

  • ドレイク
    (Drake)
    「サーティファイド・ラバー・ボーイ」
    (Certified Lover Boy)
     動画→
     配信(Amazon)→

  • Jコール
    (J.Cole)
    「オフ・シーズン」
    (The Off-Season)
     動画→

歴代のラップ・アルバム賞→

 ラップ部門の一覧の先頭に戻る↑

参考:ラップの名曲ランキング→

カントリー部門

カントリー・グループ賞カントリー・アルバム賞カントリー楽曲賞

部門 受賞 ノミネート
カントリー・グループ賞 オズボーン兄弟
(Brothers Osborne)

「ヤンガー・ミー」
(Younger Me)

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→
  • エル・キング&ミランダ・ランバート
    (Elle King & Miranda Lambert)
    「ドランク」
    (Drunk (And I Don’t Wanna Go Home))

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • ダン&シェイ
    (Dan + Shay)
    「グラッド・ユー・イグジスト」
    (Glad You Exist)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • ライアン・ハード&マレン・モリス
    (Ryan Hurd & Maren Morris)
    「チェイシング・アフター・ユー」
    (Chasing After You)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • ジェイソン・アルディーン&キャリー・アンダーウッド
    (Jason Aldean & Carrie Underwood)
    「イフ・アイ・ディドゥント・ラブ・ユー」
    (If I Didn't Love You)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
カントリー・アルバム賞 クリス・ステイプルトン
(Chris Stapleton)

「スターティング・オーバー」
(Starting Over)
 動画→

 配信(Amazon)→
  • ミッキー・ガイトン
    (Mickey Guyton)
    「リメンバー・ハー・ネーム」
    (Remember Her Name)
     動画→

  • ミランダ・ランバート&ジョン・ランドール&ジャック・イングラム
    (Miranda Lambert, Jon Randall & Jack Ingram)
    「マフィア・テープス」
    (The Marfa Tapes)
     動画→

  • オズボーン兄弟
    (Brothers Osborne)
    「スケルトンズ」
    (Skeletons)
     動画→

  • スタージル・シンプソン
    (Sturgill Simpson)
    「バラード・オブ・ドゥード&ファニータ」
    (The Ballad of Dood & Juanita)
     動画→

歴代のカントリー・アルバム賞→
カントリー楽曲賞 クリス・ステイプルトン
(Chris Stapleton)

「コールド」
(Cold)

 動画→

年別

主要4部門

ポップ部門

R&B部門

ロック部門

メタル部門

ラップ部門

カントリー部門

ジャズ部門

テクノ、EDM部門

レゲエ部門

民族音楽部門

オルタナ部門

ゴルペル部門

クラシック部門

映像部門

技術部門

年代別の主要4部門

歴代の日本人受賞者

他のアワード

音楽業界の歴史

ジャズ部門

ジャズ楽器アルバム賞ジャズ楽団アルバム賞ジャズ歌唱アルバム賞ジャズ即興賞

部門 受賞 ノミネート
ジャズ楽器アルバム賞 ロン・カーター&ジャック・ディジョネット&ゴンサロ・ルバルカバ
(Ron Carter, Jack DeJohnette & Gonzalo Rubalcaba)

「スカイライン」
(Skyline)
 動画→
  • ジョン・バティステ
    (Jon Batiste)
    「ジャズ・セレクションズ:ミュージック・フロム&インスパイアード・バイ『ソウルフル・ワールド』」
    (Jazz Selections: Music From and Inspired by Soul)
     動画→
    ※ディズニー映画「ソウルフル・ワールド」からのジャズ曲集

  • チック・コリア&ジョン・パティトゥッチ&デイヴ・ウェックル
    (Chick Corea, John Patitucci & Dave Weckl)
    「アコースティック・バンド・ライブ」
    (Akoustic Band Live)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画「ジャパニーズ・ワルツ」→
     配信(Amazon)→

  • パット・メセニー
    (Pat Metheny)
    「サイド・アイ・NYC(V1.IV)」
    (Side-Eye NYC (V1.IV))
     動画→
    ※過去の楽曲の新解釈や新メンバーとの新曲を演奏するプロジェクトの第1弾

  • テレンス・ブランチャード ft Eコレクティブ& タートル・アイランド・カルテット
    (Terence Blanchard ft the E Collective & the Turtle Island Quartet)
    「アブセンス」
    (Absence)
     動画→

歴代のジャズ楽器アルバム賞→
ジャズ大規模楽団アルバム賞 クリスチャン・マクブライド
(Christian McBride Big Band)

「フォー・ジミー・ウェス・アンド・オリバー」
(For Jimmy, Wes and Oliver)
 動画→
  • ジャズメイア・ホーン
    (Jazzmeia Horn and her Noble Force)
    「ディア・ラブ」
    (Dear Love)
     動画→

  • サン・ラ・アーケストラ
    (Sun Ra Arkestra)
    「スワーリング」
    (Swirling)
     動画→

  • イエロージャケッツ&WDRビッグバンド
    (Yellowjackets & WDR Big Band)
    「ジェケッツXL」
    (Jackets XL)
     動画→

  • カウント・ベイシー・オーケストラ(指揮:スコッティ・バーンハート)
    (The Count Basie Orchestra directed by Scotty Barnhart)
    「ライブ・アット・バードランド」
    (Live at Birdland!)
     動画→
     配信(Amazon)→

歴代のジャズ楽団アルバム賞→
ジャズ歌唱アルバム賞 エスペランサ・スポルディング
(Esperanza Spalding)

「ソングライツ・アポセカリー・ラボ」
(Songwrights Apothecary Lab)
 動画→
※ジャズ・ベーシスト/シンガー
  • ザ・ベイラー・プロジェクト
    (The Baylor Project)
    「ジェネレーションズ」
    (Generations)
     動画→
     配信(Amazon)→

  • カート・エリング&チャーリー・ハンター
    (Kurt Elling & Charlie Hunter)
    「スーパーブルー」
    (Superblue)
     動画→
     配信(Amazon)→

  • ニーナ・フリーロン
    (Nnenna Freelon)
    「タイム・トラベラー」
    (Time Traveler)
     動画→

  • グレッチェン・パーラト
    (Gretchen Parlato)
    「フロール」
    (Flor)
     動画→

歴代のジャズ歌唱アルバム賞→
ジャズ即興ソロ賞 チック・コリア
(Chick Corea)

「ハンプティ・ダンプティ(セット2)」
(Humpty Dumpty (Set 2))

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→
  • クリスチャン・スコット
    (Christian Scott aTunde Adjuah)
    「Sackodougou」
    収録アルバム:打楽器奏者ウィーディー・ブライマの「The Hands Of Time」

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
  • ジョン・バティステ
    (Jon Batiste)
    「ビッガー・ザン・アス」
    (Bigger Than Us)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • テレンス・ブランチャード
    (Terence Blanchard)
    「アブセンス」
    (Absence)
     動画→

  • ケニー・バロン
    (Kenny Barron)
    「キック・ゾーズ・フィート」
    (Kick Those Feet)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

歴代のジャズ即興賞→

テクノ、ダンス音楽、EDM部門

ダンス・レコード賞ダンス・アルバム賞

部門 受賞 ノミネート
ダンス・レコード賞

※シングルが対象
ルーファス・デュ・ソル
(Rüfüs Du Sol)

「アライブ」
(Alive)

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→
※オーストラリア出身の3人組
  • ティエスト
    (Tiësto)
    「ザ・ビジネス」
    (The Business)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • アフロジャック&デビッド・ゲッタ
    (Afrojack and David Guetta)
    「ヒーロー」
    (Hero)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • オーラヴル・アルナルズ ft ボノボ
    (Ólafur Arnalds ft Bonobo)
    「ルーム」
    (Loom)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • ジェイムス・ブレイク
    (James Blake)
    「ビフォア」
    (Before)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • ボノボ&トータリー・イノーマス・エクスティンクト・ダイナソーズ
    (Bonobo and Totally Enormous Extinct Dinosaurs)
    「ハートブレイク」
    (Heartbreak)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • カリブー
    (Caribou)
    「ユー・キャン・ドゥ・イット」
    (You Can Do It)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

歴代のダンス・レコード賞→
ダンス・電子音楽アルバム賞 ブラック・コーヒー
(Black Coffee)

「サブコンシャスリー」
(Subconsciously)
 動画→
  • シルヴァン・エッソ
    (Sylvan Esso)
    「フリー・ラブ」
    (Free Love)
     動画→
    ※2013年に結成された男女の2人組

  • テン・シティ
    (Ten City)
    「ジャッジメント」
    (Judgement)
     動画→
    ※1980年代後半から1990年代前半に、ハウス音楽界で大活躍した超大物グループ。シカゴの「ディープ・ハウス」の先駆者。2021年に活動を再開した。

  • マシュメロ
    (Marshmello)
    「ショックウェイブ」
    (Shockwave)
     動画→
    ※覆面DJの4枚目のアルバム

  • イレニウム
    (Illenium)
    「フォールン・エンバース」
    (Fallen Embers)
     動画→

  • メジャー・レイザー
    (Major Lazer)
    「ミュージック・イズ・ザ・ウェポン(リローデッド)」
    (Music Is the Weapon (Reloaded))
     動画→

歴代のテクノ/EDM賞→

年別

主要4部門

ポップ部門

R&B部門

ロック部門

メタル部門

ラップ部門

カントリー部門

ジャズ部門

テクノ、EDM部門

レゲエ部門

民族音楽部門

オルタナ部門

ゴルペル部門

クラシック部門

映像部門

技術部門

年代別の主要4部門

歴代の日本人受賞者

他のアワード

音楽業界の歴史

クラシック部門

オーケストラ演奏賞クラシック合唱賞クラシック・ソロ歌唱アルバム賞

部門 受賞 ノミネート
オーケストラ演奏賞 フィラデルフィア管弦楽団
(指揮者:ヤニック・ネゼ=セガン)

「フローレンス・プライス : 交響曲第1番、3番」
(Price: Symphonies Nos. 1 & 3)
 動画→
  • ナッシュビル交響楽団
    (指揮者:ジャンカルロ・ゲレロ)
    「ジョン・アダムズ:父はチャールズ・アイヴズを知っていた/ハルモニーレーレ(和声学)」
    (Adams: My Father Knew Charles Ives; Harmonielehre)
     動画→

  • ピッツバーグ・メンデルスゾーン合唱団とピッツバーグ交響楽団
    (指揮者:マンフレート・ホーネック)
    「ベートーベン交響曲第9番」
     動画→

  • シアトル交響楽団
    (指揮者:トーマス・ダウスゴー)
    「R.シュトラウス(1864-1949):ツァラトゥストラはこう語った/スクリャービン(1872-1915):法悦の詩」
    (Strauss: Also Sprach Zarathustra; Scriabin: The Poem of Ecstasy)
     動画→

  • サンフランシスコ交響楽団
    (指揮者:ニコ・マーリー)
    「マーリー:スルーライン」
    (Muhly: Throughline)
     動画→

歴代のオーケストラ演奏賞→
クラシック合唱賞 グスターボ・ドゥダメル(指揮者)
(Gustavo Dudamel)

『マーラー交響曲第8番「千人の交響曲」』
(Mahler: Symphony No. 8, 'Symphony Of A Thousand')

※藤村実穂子がメゾソプラノ歌手として参加

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→
クラシック・ソロ歌唱アルバム賞 サンゲータ・カウル(歌手)、ヒラ・プリットマン(ソプラノ歌手)
(Sangeeta Kaur & Hilla Plitmann)

「ミソロジーズ」
(Mythologies)

※松本エルがチェロ奏者として参加

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 アルバム動画→

 アルバムの試聴(Amazon)→

レゲエ部門

部門 受賞 ノミネート
レゲエ・アルバム賞 ソジャ
(Soja)

「ビューティ・イン・ザ・サイレンス」
(Beauty in the Silence)
 動画→
※アメリカのレゲエ・バンド
  • グランプス・モーガン
    (Gramps Morgan)
    「ポジティブ・バイブレーション」
    (Positive Vibration)
     動画→

  • ショーン・ポール
    (Sean Paul)
    「リブ・ン・リビン」
    (Live N Livin)
     動画→

  • エタナ
    (Etana)
    「パモージャ」
    (Pamoja)
     動画→

  • ジェシー・ロイヤル
    (Jesse Royal)
    「ロイヤル」
    (Royal)
     動画→

  • スパイス
    (Spice)
    「10」
     動画→

歴代のレゲエ賞→

癒し系音楽部門

部門 受賞
ニューエイジ音楽アルバム賞 スチュワート・コープランド(ポリスのドラマー)&リッキー・ケジ(インドの作曲家)
(Stewart Copeland & Ricky Kej)

「ディバイン・タイズ」
(Divine Tides)

 動画→

ゴスペル部門

ゴスペル楽曲・歌唱賞現代クリスチャン音楽賞

部門 受賞 ノミネート
ゴスペル楽曲・歌唱賞 シー・シー・ワイナンズ
(CeCe Winans)

「ネバー・ロスト」
(Never Lost)

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→
  • ダンテ・ボウ ft ステファニー・グレッツィンガー&チャンドラー・ムーア
    (Dante Bowe ft Steffany Gretzinger & Chandler Moore)
    「ボイス・オブ・ゴッド」
    (Voice of God)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • ダンテ・ボウ
    (Dante Bowe)
    「ジョイフル」
    (Joyful)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • アンソニー・ブラウアン&グループ・セラピー
    (Anthony Brown & Group Therapy)
    「ヘルプ」
    (Help)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • エレベーション・ワーシップ&マーベリック・シティ・ミュージック
    (Elevation Worship & Maverick City Music)
    「ウェイト・オン・ユー」
    (Wait on You)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

歴代のゴスペル賞→
現代クリスチャン音楽賞 シー・シー・ワイナンズ
(CeCe Winans)

「ビリーブ・フォー・イット」
(Believe For It)

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→


歴代のクリスチャン音楽賞→

オルタナ部門

部門 受賞 ノミネート
オルタナティブ・アルバム賞 セイント・ヴィンセント
(St. Vincent)

「ダディーズ・ホーム」
(Daddy's Home)
 動画→

 配信(Amazon)→
  • ジャパニーズ・ブレックファスト
    (Japanese Breakfast)
    「ジュビリー」
    (Jubilee)
     動画→

  • フリート・フォクシーズ
    (Fleet Foxes)
    「ショア」
    (Shore)
     動画→

  • ホールジー
    (Halsey)
    「イフ・アイ・キャント・ハブ・ラブ、アイ・ウォント・パワー」
    (If I Can’t Have Love, I Want Power)
     動画→

  • アーロ・パークス
    (Arlo Parks)
    「コラプスド・イン・サンビームズ」
    (Collapsed in Sunbeams)
     動画→

歴代のオルタナティブ・アルバム賞→

民族音楽部門

部門 受賞 ノミネート
グローバル・ミュージック・アルバム賞
(旧:ワールド・ミュージック・アルバム賞)
アンジェリーク・キジョー
(Angelique Kidjo)
【西アフリカのベナン】

「マザー・ネイチャー」
(Mother Nature)

 動画→
  • ウィズキッド
    (Wizkid)
    【ナイジェリア】
    「メイド・イン・ラゴス」
    (Made In Lagos: Deluxe Edition)

     動画→

  • ダニエル・ホー&フレンズ
    (Daniel Ho and Friends)
    【ハワイ】
    「イースト・ウエスト・プレイヤーズ・プレゼンツ:ライブ・イン・コンサート」
    (East West Players Presents: Daniel Ho and Friends Live in Concert)

     動画→

  • ロッキー・ドウニ
    (Rocky Dawuni)
    【西アフリカのガーナ】
    「ボイス・オブ・ブンボン:1」
    (Voice of Bunbon, Vol:1)
     動画→

  • フェミ・クティ&メイド・クティ
    (Femi Kuti and Made Kuti)
    【ナイジェリア】
    「レガシー+」
    (Legacy)
     動画→

歴代のグローバル・ミュージック・アルバム賞→

ラテン部門

部門 受賞
ラテンポップ・アルバム賞 アレックス・キューバ
(Alex Cuba)

「メンド」
(Mendó)

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 アルバム動画→

映像部門

部門 受賞 ノミネート
音楽ビデオ賞 ジョン・バティステ
(Jon Batiste)

「フリーダム」
(Freedom)

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→
  • オリビア・ロドリゴ
    (Olivia Rodrigo)
    「グッド・フォー・ユー」
    (Good 4 U)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • AC/DC
    (エイシー・ディーシー)
    「ショット・イン・ザ・ダーク」
    (Shot in the Dark)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→

  • リル・ナズ・X
    (Lil Nas X)
    「モンテロ(コール・ミー・バイ・ユア・ネーム)」
    (Montero - Call Me By Your Name)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

  • ビリー・アイリッシュ
    (Billie Eilish)
    「ハピアー・ザン・エバー」
    (Happier Than Ever)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     動画(和訳)→
     配信(Amazon)→

  • ジャスティン・ビーバー ft ダニエル・シーザー&ギヴィオン
    (Justin Bieber ft Daniel Caesar, Giveon)
    「ピーチズ」
    (Peaches)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

  • レディー・ガガ&トニー・ベネット
    (Lady Gaga and Tony Bennett)
    「アイ・ゲット・ア・キック・アウト・オブ・ユー」
    (I Get a Kick Out of You)

    1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


     動画→
     配信(Amazon)→

歴代の音楽ビデオ賞→

映画音楽部門

映画主題歌・挿入歌賞映画サントラ・アルバム賞

部門 受賞
映画主題歌・挿入歌賞 「オール・アイズ・オン・ミー」
~映画『ボー・バーナムの明けても暮れても巣ごもり』主題歌
(All Eyes on Me)

ボー・バーナム
(Bo Burnham)

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート


 動画→
映画サントラ・アルバム賞 【同点(タイ)で2組受賞】

映画「クイーンズ・ギャンビット」サントラ
カルロス・ラファエル・リベラ

 動画→


映画「ソウルフル・ワールド」サントラ
作曲家:トレント・レズナー(ロックバンド「ナイン・インチ・ネイルズ」)&アッティカス・ロス&ジョン・バティステ

 動画→

授賞式の動画

▼シルク・ソニックのパフォーマンス

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート

▼オリビア・ロドリゴのパフォーマンス

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート

▼ジョン・バティステのパフォーマンス

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート

▼ビリー・アイリッシュのパフォーマンス

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート

▼BTSのパフォーマンス

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート

▼ジャスティン・ビーバーのパフォーマンス

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート

▼レディー・ガガのパフォーマンス

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート

▼リル・ナズ・Xのパフォーマンス

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート

▼ハーとレニー・クラビッツのパフォーマンス

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート

▼授賞式のハイライト

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート

▼マイナー部門の授賞式(結果発表)

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート

▼グラミー賞2022の受賞曲

1回タップして、数秒待ってからもう1回タップすると再生スタート

2022年のビリー・アイリッシュ

本年度のグラミー賞で、ビリー・アイリッシュはレコード賞、楽曲賞、アルバム賞の主要3部門にノミネートされました。ポップ部門などをあわせると、計7個のノミネートとなりました。しかし、受賞はゼロでした。

アルバム『Happier Than Ever(ハッピアー・ザン・エバー)』

『Happier Than Ever(ハッピアー・ザン・エバー)』はビリー・アイリッシュ(20歳)の2作目のアルバム。衝撃のデビュー・アルバム『ホエン・ウィ・オール・スリープ』から約2年ぶりとなる2021年7月発売されました。全曲をアイリッシュ自身が兄フィニアス(24歳)と共に執筆。プロデューサーは前作と同様、フィニアスが単独で務めました。

コロナ禍の「自省」

コロナ禍の期間中に自分の内側と向き合ったことが、本作の最大のインスピレーションになったといいます。 デビュー作で一気にスターダムを駆け上がったこと。それに伴って感じた日常の生きづらさ、軋轢、人間関係の煩わしさなどが表現されています。

2020年「4部門独占」、2021年「2年連続レコード賞」

アイリッシュはデビュー初年度の2020年のグラミー賞で主要4部門を独占しました。シングルは「バッド・ガイ」での受賞でした。さらに2021年もシングル「エブリシング・アイ・ウォンテッド」でレコード賞を獲りました。2年連続のレコード賞は、U2(2001年と02年)以来の快挙でした。なお、アイリッシュは、2022年アカデミー賞で歌曲賞に輝いています。映画「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」主題歌での受賞でした。

2022年グラミー賞の選考・発表・放送の日程

日時 スケジュール
選考対象の曲のリリース期限終了 2021年9月31日
ノミネート投票 2021年10月22日~11月5日
ノミネート発表 2021年11月24日(水)午前2時=日本時間
本投票 2021年12月6日~2022年1月5日
授賞式(結果発表) 2022年4月4日(月)の昼間(日本時間)
アメリカ東海岸時間:
2022年4月3日(日)午後8:00~11:30